« 第7弾WEB学習会 | トップページ | 2021年度「リーダー養成講座 in Zoom」 »

2022年3月18日 (金)

第6回全通研アカデミー~全通研学校Ⅲ~(北海道会場)

  2022(令和4)年129日(土)15時~17時、「第6回全通研アカデミー ~全通研学校Ⅲ~(北海道会場)」を開催しました。「ろう者や私達が求めてきた手話通訳像」と題して、研究誌143号の特集『明日の手話通訳を目指して』より、近藤幸一副会長にご講演いただきました。オンラインにより、全国から約180人の参加がありました。

 司会は全通研理事の吉野が、ストレッチ(休憩中に実施)は武田理事が担当しました。

1_20220318132701 講師の近藤副会長

 講演の中で、私たちは「何のために手話通訳をするのか」、ろう者は「どのような手話通訳者になってほしいか」という話がありました。

 第8回世界ろう者会議提出論文(安藤・高田論文)の中の「ろう者の権利を守る手話通訳は1つの理念である。この理念を一面的に単純化してろう者の保護者として手話通訳を理解する事があれば、それは誤りである。それは、ろう者の社会的自立、いいかえると、社会的行動の自由の獲得のための協力者であり援助者であることが正しい。行動自由の範囲の拡大こそろう者要求の本質をなすものであり、ろう者の社会的自立のための人間関係の発達、社会的整備の一里塚を示すものである」という一文が紹介されました。

 また、登録手話通訳制度の課題として、「制度運用に地域の不整合(バラツキ)」、「通訳者の孤立化」、「手話通訳の担い手不足」が挙げられました。しかし、手話通訳は手話の技術が上達したら解決するものでもなく、仲間や集団を活用し、お互い学びあう事が大切であると話がありました。

 手話通訳は対人サービス労働であり、ろう者との人間関係が大切であり、それが喜びでもあります。ろう者の心に響く手話を目指し、暮らしを支えるコミニュケーションの中心に手話がないといけないと話されました。

 最後に参加者からの質疑にも近藤副会長から丁寧に答えていただき、学習内容をさらに深めることができました。

 今回の講演を聞いて、日々の活動に追われて基本を忘れかけていることに気が付きました。自分が漠然と感じていた不安や課題が明確な言葉になって整理されていき、日頃の通訳実践を見直すきっかけをいただきました。

 目の前にいるろう者はどんな人か、この人のくらしの要求は何かを、考えながら手話通訳をしていく、きっかけになった素晴らしい講演でした。研究誌143号を再度読み直して、考えていきたいと思います。

2_20220318132701 質問された方々(一部抜粋)

                                                  (文・写真/全通研北海道ブロック理事 吉野 州正)

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 第7弾WEB学習会 | トップページ | 2021年度「リーダー養成講座 in Zoom」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第7弾WEB学習会 | トップページ | 2021年度「リーダー養成講座 in Zoom」 »