« 支部役員対象のWEB学習会 | トップページ | 東北ブロック組織担当者会議 »

2020年11月27日 (金)

リーダー養成講座inZoom【第2弾】「人権について」

リーダー養成講座 in Zoom【第2弾】「人権について」 講師:渡辺正夫会長

2020年11月22日(日)10:00~11:30

 11月三連休の中日にもかかわらず、46名の方にご参加いただきました。ありがとうございました。

 今年度2回目のリーダー養成講座ということもあり、皆さん、もうすっかり慣れた様子で入室されていました。1回目の時は、ザワザワザワザワ…「えっ!」「あれっ…」「ん、ミュート?」という声が聞こえていましたが、今回は、ほとんどの方がミュートで入室され、静かに始まりを待つという雰囲気でした。

202011271502280001

 今回の講師は、全通研の渡辺会長でした。「人権について」ということで、少し硬い話になるのかな?と思っていましたが、“「人権とは」「差別とは」何かについて事例を通してみんなで考えます。”という副題のとおり、お話を聞きながら、いろいろ考えることができました。事前にいただいた資料に目を通しておくことで、難しい内容もよく分かり、人権について学ぶことができました。

 まず、“「人権」とは?について、自分のことばで説明してみよう!”ということで、自分だったらどう説明するかを30秒間考えました。「人権とは、人の権利…そのままやん!」と一人突っ込みをしながら、人権という言葉はよく耳にしますが、自分が人権について語れるか?というと、なかなか難しいということに改めて気が付きました。

202011271503390001

 次に、「日本国憲法」「基本的人権」「世界人権宣言」についてのお話がありました。昔々、学生時代に習ったな~と思いながら聞いていましたが、「マグナカルタ」は鎌倉時代、「権利の章典」は江戸(奥の細道)時代、「アメリカの独立宣言」は江戸(平賀源内)時代、「ワイマール憲法」は大正時代だということを聞いたときに、日本は遅れているな~と、しみじみ感じました。

 「日本における女性の参政権」「ろうあ者差別 33声明」「新型出生前診断」「新型コロナの中傷や人権侵害」のお話のところでは、事例をとおして、人権・差別・偏見について学ぶことができました。「ろうあ者差別 33声明」に関しては、自分なりに調べたことがありましたが、写生会ボイコットの時に配布した生徒会のビラや、当時の(社)京都府聴覚障害者協会編纂の「授業拒否」の冊子を紹介していただき、現実のものとして実感することができました。歴史を知ること、現実を見ることの大切さがよく分かりました。

 最後の質疑応答では、「人工内耳に関する見解」「手話通訳者の地位の向上への取り組み」「手話言語条例制定への取り組み」などについて質問がありました。

渡辺会長からのお答えを聞いていると、すべてが、全通研の目的『聴覚障害者福祉と手話通訳者の社会的地位の向上をめざす』に通じていると感じました。私たちは、社会の現状や実態を把握し、話し合い、学び合うことが大切なのだと思いました。時間の関係で、全員の方の質問を受けられませんでした。申し訳ありませんでした。

 2回目の「リーダー養成講座」はいかがだったでしょうか?以前「偏見や差別に気づく感覚を持つことが大切だ」という話を聞いたことがありますが、私は、ぼ~っと生きているからか、その感覚が身についていません。今回の「人権について」をきっかけに、もう一度人権について考え人権意識を高めていければと思いました。皆さまも、それぞれの支部で人権について考える機会を作ってみてはいかがでしょうか。

 次回は、1220日(日)10001130【第3弾】「運動すること」 講師:近藤幸一副会長 です。

前回の「全通研のあゆみ」今回の「人権について」の内容をもとに、「運動すること」を聞いていただけると、内容がより深まると思います。

                (文・写真/全通研組織部 曽我部啓子)

 

 

|

« 支部役員対象のWEB学習会 | トップページ | 東北ブロック組織担当者会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 支部役員対象のWEB学習会 | トップページ | 東北ブロック組織担当者会議 »