« 東海ブロック組織担当者会議 | トップページ | 2019年度自治体フォーラム「地域共生社会と自治体手話通訳者のしごと」 »

2019年8月 2日 (金)

2019年度ブロック別組織担当者会議  関東ブロック

7月28日(日)13:00~16:00

文京シビックセンター(東京都文京区)区民会議室5F会議室A

 

関東ブロック担当は初めてということで、ワクワクドキドキしながら行ってきました。

組織担当者会議は、文京シビックセンター内の、区民会議室5F 会議室Aで行われました。

東京メトロ丸ノ内線「後楽園」で降り、歩いて数分、通路を通ったので外を歩くことなく、涼しいままで到着しました。

Image2_20190802112101 Image1_20190802112101

 

山梨支部(健康対策部理事)の桐原さんの司会で、関東ブロック長 相川さんの挨拶、私からの挨拶に続き、

参加者の皆さんにも自己紹介をしていただき、組織担当者会議が始まりました。

 

会員数の推移・会員属性・会員の人口比を見ていただいた後、組織部の活動についての説明と、

事前アンケートを元に各支部の取組みの情報交換・意見交換を行いました。

Image3_20190802112101

組織部の活動としては、『会員拡大、支部組織活動支援のための取り組み』『人材育成』について説明しました。

その後、数字から見る関東ブロックということで、2018年度の会員数・継続率・新規入会率を確認しました。

現状を知ることで、今後の課題が見えてきたでしょうか?

 

事前アンケートを基に、情報交換・意見交換を行うところでは、

配布資料の『会員拡大に向けて取り組んだこと・取り組みたいこと』の部分から、確認していきました。

2018年度にどんなことをやって、どんな成果があったか?課題は見つかったか?

それを基に、2019年度は何をどのようにやっていくか?をまとめることにより、活動内容が整理され、

分析しやすくなると思われます。

年度の途中でも、時々振り返っていただきたいです。

 

『地域班の役割・活動』では、地域班が、地域聴協と連携して活動しているという支部(埼玉・栃木)があり、

行政交渉にも一緒に行っている(埼玉)という事でした。

こちらは、サマーフォーラムにレポートとして出してくださるそうです。

『専門班』では、要約筆記者班(埼玉)があり、積極的に取り組んでいるという事でした。

地域班・専門班が、充実した活動をしていると支部全体も元気になります。

これからも、引き続き取り組んでいただきたいです。

Image4_20190802112101

山梨支部:梨通研主催の学習会に、1回無料で参加できる無料券

 

関東ブロックでは、千葉支部が過去最高数、山梨支部が過去最高数4年連続となっています。

その秘訣をお聞きしました。

千葉支部は、地域班で継続の意思確認をきちんと行った事が過去最高数に繋がったとの事でした。

地道な作業が功を奏したと思われます。

山梨支部は、顔の分かる関係作り、「こぴっと手話学習会」に来る人への呼びかけ、

活動に関する報告会など様々な取り組みが、魅力あるものとなっていると感じました。

その後、休憩をはさみ、健康対策部の桐原さんの指導でストレッチを行いました。

Image6_20190802112101 Image5_20190802112101

 

すっきりしたところで、今年度は、最後にワークショップを行いました。

「知ろう・語ろう・全通研」というテーマで、

『研修会に参加した未会員さんが、受付に置いてある全通研(支部)パンフレットを取りました。その時あなたならどうしますか?』を

話し合いました。

短い時間でしたが、全員にやっていただき、声を掛ける時に大切なことを話し合っていただきました。

各グループからの発表は、それぞれとても良い内容でした。

Image7_20190802112101 Image8_20190802112101

 

例えば、

「受付ではしつこくしない。名前を覚えておいて、休憩時間に声をかける。」

「楽しい感じをアピールする。」

「熱心に話をするだけでなく、質問しやすい雰囲気を作る。」

「会費の説明など、Q&Aを考えておく。」

など、とても参考になるものが多く出ました。

そして、その意見をもとに、2組に前に出て実際にやっていただきました。

Image9_20190802112101  Image10_20190802112101

声かけ:三枝さん(埼玉)                       声かけ:貝野さん(埼玉)

未会員:高松さん(群馬)                       未会員:桐原さん(山梨)

 

笑いのなかにも、感心する部分があり、意義あるワークショップとなりました。

このやり方を支部に持ち帰り、是非支部でもやっていただけるようにとお願いしました。

01

写真は、渡辺会長が担当してくださいました。沢山の写真の中から少ししかご紹介できないのが残念です。

関東ブロックの皆さま、色々お世話になりました。お疲れ様でした。

 

  (文/組織部 曽我部啓子 写真/渡辺正夫会長・曽我部)

« 東海ブロック組織担当者会議 | トップページ | 2019年度自治体フォーラム「地域共生社会と自治体手話通訳者のしごと」 »