« 第5回全通研アカデミー ~全通研学校Ⅲ~(近畿会場) | トップページ | 2019年度リーダー養成講座関東会場 »

2019年7月19日 (金)

2019年度東北ブロック組織担当者会議

7月14日日曜日に盛岡市で開催された東北ブロック組織担当者会議を担当してきました。

 

先週のリーダー養成講座は東京1泊2日、

今週は14日の組織担当者会議と翌15日に執行理事会があり、

2泊3日の“お出かけ”になりました。

 

7月13日曇り空の広島から空路仙台へ

Image1_20190719102901

仙台からは東北新幹線で盛岡に入ります。

盛岡は青空です。

Image2_20190719102901

 

会場は岩手県立視聴覚センターです。

岩手県民情報交流センター アイーナという立派なビルの4階にあります。

「アイーナ」って何の意味だろうとネットで調べてみると、「あ、いいな」+「アリーナ」だとか。

Image3_20190719102901

今日は、組織担当者会議とN-Action担当者会議が並行して行われます。

午前中の全通研組織部の取り組み、数字で見る東北ブロックの説明ところは合同で行いました。

午後からのN-Action担当者会議は全通研N-Action委員会の伊従さんが担当して行われます。

Image4_20190719103101

みんなの前に、東北各県から持ち寄られたお菓子が並んでいました。

カープかつもあります。(最近負けが続いていますが)

 

組織担当者会議は、いつものように事前アンケートをもとに各支部の取り組みについて

情報交換や活動の交流を行いました。

 

 

時間が短くなりましたが、今年度初めて取り入れたワークショップを行いました。

全通研の会員になっていない人にどのように声をかけるか、全通研の説明をどうするかというものなのですが、皆さん積極的に取り組んでいただきました。

 

全通研へ誘うときには、「一方的なやり取りになるより双方向の会話にすると話が進んだ」「地域でどんな繋がりを持っているのかを聞いておく」などの意見がありました。

その場で入会されなくても、また次の研修会に誘ったり、声をかけられるような関係作りをしておくことも大切ですね。

Image5_20190719102901

ちょうどN-Action担当者会議参加者が合流したので、N-Actionの人たちに支部組織担当の皆さんから全通研の紹介をしてもらいました。

「研究誌が4冊といわれても、どんな本か理解が難しい」

「コピーでもいいから見本が必要」

「なぜ会費が高いのか説明があると納得がいく」

などの意見が出ていました。

 

Image6_20190719102901

最後に、N-Action担当者会議の報告を伊従さんからしてもらって閉会

Image7_20190719102901

今回の組織担当者会議では、石川理事にいろいろとお世話になりました。

ありがとうございます。

 

Image8_20190719102901

濱渡さん(青森支部)と盛岡駅の新幹線乗り場まで一緒に帰りました。

改札口前のパン屋さん「この福田パンのコッペパンおいしいよ。」「私は昼に二つ食べた」と紹介していただきました。帰りのおやつに「あんバター」を買いました。ちなみに濱渡さんは「チーズのカレーサンド」です。

帰りの新幹線でいただきました。ふっくらしっとりしたコッペパンおいしかったです。

 

後で、石川さんに聞いてみると…

福田パンは盛岡市民のソウルフードだそうです。

市内のだいたいの高校には福田パンのコーナーがあって、昼休みには群がって食べていたとのこと。

安くて種類豊富、ボリューミーなのが魅力だそうです。

 

Image9_20190719102901

やっぱり盛岡に来たら冷麺食べないと。

中辛=辛いのが好きな人どうぞとありましたが、ちょっと甘辛い感じ。

 

Image10_20190719102901

はやぶさ34号で東京へ。

東京の雨は止んだかな。

 

岩手手話通訳問題研究会はFacebookで情報発信されています。

担当者会議(組織、N-Action)の様子もさっそく紹介されていました。

ネットで「岩通研」で検索すると出てきますよ。

 

(文・写真/全通研理事 小山秀樹)

 

« 第5回全通研アカデミー ~全通研学校Ⅲ~(近畿会場) | トップページ | 2019年度リーダー養成講座関東会場 »