« 代議員会ブロック別会議(中国ブロック) | トップページ | 愛知支部記念講演 »

2019年4月24日 (水)

静岡支部の総会に行ってきました!

4月20日(土)、静岡県総合社会福祉会館で開催された静岡支部総会に参加させていただきました。

静岡支部は会員数が460人を超える大きな支部です。総会に参加される人数が多いと以前から聞いてはいましたが、会場に入るとすぐに熱気を感じました。今年だけでなく、毎年100人以上の会員が参加されているそうです。年度初めの忙しい時期に総会に参加するには、時間もお金も調整する必要がありますが、会員みんなで総会を作り上げ大切に運営されている様子が伝わってきました。

 

Photo

 

午前中に総会が開催され、私は午後から「全通研と私」をテーマにお話させていただきました。就職してすぐに職場の先輩に進められて全通研に入ったこと、全通研ツアーでドイツ、フランスに行って楽しかったこと、私が所属する大阪支部のこと、現在の職場は全通研とのつながりが深いことなどを話し写真も見ていただきました。話の中で紹介した全通研発行の書籍「温故知新1~手話通訳制度を巡る変遷~」、「温故知新2~災害への対策~」も、みなさんにたくさん購入していただきました。ありがとうございます!

学習会終了後に支部役員のみなさんが交流会を開いてくださり、静岡の美味しいお料理と楽しいお話で大いに盛り上がりました。

 

2

 

こちらは、静岡支部の頼もしい支部長、望月さんです。望月さんのとなりに積み上げられているのは、オニオンリング(中心にタワーのような串があり、ドーナツ形のフライが刺さっている)です。交流会をしたお店のおすすめ料理で、みんなで美味しくいただきました。この他にも静岡おでん、はんぺんフライなどを食べながら、役員さんがそれぞれに静岡支部の魅力を語られるのを聞くことができました。

全通研の前身である手話通訳者会議に参加された人、第1回の手話通訳士試験を受験された人、市役所で手話通訳として働いている人、手話通訳者を目指して養成講座に通っている人、N-Actionの活動をしている人など、いろんな立場の人たちがおられました。みなさんに共通していたのは、人とのつながりが活動の魅力になっていることです。経験年数や手話の技術などが違っても、一緒に学び、話し、交流する中でお互いのことを理解したり、ぶつかったりしながら信頼関係をつくってこられたんだなぁと感じました。

 

3

 

最後は、日本一の富士山(の旗)の前で記念撮影しました。たくさんの笑顔と元気に囲まれて、とっても幸せな時間を過ごすことができました。静岡支部のみなさん、本当にありがとうございました。また、代議員会でお会いできるのを楽しみにしています。

 

(文・写真/全通研理事 米野規子)

« 代議員会ブロック別会議(中国ブロック) | トップページ | 愛知支部記念講演 »