« ふつうに生きたい くらしたい! 障害者権利条約・基本合意・骨格提言の実現をめざす4.21全国大集会 | トップページ | 代議員会四国ブロック会議報告 »

2016年4月25日 (月)

代議員会ブロック別会議(東北)

4月24日(日)、仙台市で開催される「代議員会ブロック別会議(東北)」に担当執行理事として出席した。
23日(土)は全通研の監査最終日であり15時半まで全通研事務所。
監事及び顧問税理士から会計事務処理についての厳しい意見を聞き、
現在の処理方法の改善の必要性について意見交換。
 
16時半の京都発新幹線に乗車。東京駅で東北新幹線に乗り換えて20時頃に仙台着。
開催されているはずのブロック代議員の懇親会への出席は2時間遅れで泣く泣く見送り、
ホテルで明日の会議の事前学習をしておとなしく就寝。
 
24日は8時半過ぎにチェックアウト。
同宿の東北ブロックの代議員と合流できたので地理がよくわからない会場まで徒歩で同行してもらう。
 
Image1_768x1024
 
会場の福祉プラザの庭園の花。
まだ散っていないヤマザクラ。
 
Image2_1024x1024
 
同じく庭園の花。名前は不明です。
 
 
9時半スタート。
午前中は議案書の内容について理事会統一資料のパワーポイントで説明。
 
Image3_1280x960
 
「2015年度の全通研がめざす手話通訳制度の各支部での学習会開催は、
全国統一テーマでの学習運動で全通研としておそらく初めての試み」
「国の障害者福祉をめぐる情勢は厳しいが手話言語法制定の意見書の
全自治体での採択に見るとおり手話に関わる情勢は逆風ではなく私たちの考えを社会に広げる好機」
「新規事業として差別に関わる事例収集に取り組む。国が求めている事例の
蓄積であり各支部の協力をお願いしたい」など説明。
 
 
午後は意見交換。
「めざす制度の学習会の第二弾を用意してほしい」
「すでに2016年度会員数が2015年度実績を突破(!)」
「全通研の求められている役割を考えると専従職員や専従役員を増員すべきではないか」
など積極的な数々の意見をうれしく受け止める。東北ブロックは熱い!
 
 
15時過ぎに終了。
5月の代議員会への意見提出をお願いして17時半発の飛行機に乗るべく
仙台空港を目指して会場を後にした。
 
 
(文・写真/全通研事務局長 伊藤 正)

« ふつうに生きたい くらしたい! 障害者権利条約・基本合意・骨格提言の実現をめざす4.21全国大集会 | トップページ | 代議員会四国ブロック会議報告 »