2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 高知支部 全通研がめざす手話通訳制度学習会 | トップページ | 全通研国際部 アジア視察旅行! »

2015年12月28日 (月)

情報アクセシビリティフォーラムに行ってきました

2015年12月12日(土)~13日(日)、東京秋葉原において情報アクセシビリティフォーラムが開催されました。
 
Kimg1774_2 Kimg1776_2
 
会場は「学ぶフロア(ワークショップ)」「学ぶフロア(カンファレンス)」「感じるフロア」に分かれ、ブース展示や講演会、
ワークショップなどが行われました。
 
Kimg1792 Kimg1798
 
2015_1212_152513pc120033_2 Kimg1791
 
全通研は「感じるフロア」にブースを出し、理事や職員が交代で来場者へ全通研のアピール、
説明をしてきました。日本手話通訳士協会の隣だったこともあってか、全通研と通訳士協会の違いを
質問される聴覚障害者の方も多くいらっしゃいました。また、理事・職員が交代で他のフロア
にも参加してきました。
 
続いて、理事や職員それぞれが参加した学ぶフロアの感想をご報告します。
 
 
 
【学ぶフロア】『障害者スポーツのチャレンジ』12月12日15時30分~(青柳職員)
 
12日の15時30分からは、「学ぶフロア カンファレンス」にて『障害者スポーツのチャレンジ』
というテーマで記念講演、パネルディスカッションが行われました。
記念講演では公益社団法人日本障がい者スポーツ協会会長の及川力氏より、障がい者
スポーツ協会の歴史や現状の報告がありました。
 
Win_20151212_153838
 
1964年のパラリンピック東京大会を契機に身体障がい者スポーツの普及・進行を図る
組織として、障がい者スポーツ協会が発足し、創立50周年を迎えています。
リハビリスポーツからレクリエーションスポーツ、競技スポーツと発展してきたが、障がい
者スポーツとしては、まだ裾の広がりと山の高さはまだまだ不十分な状況と報告されました。
 
また、日本パラリンピック協会会長も兼務している及川氏は、障がい者スポーツの認知度が
低い現状を変えていく必要があるとして、各競技の選手が企業や学校へ訪問などを行い、
試合に家族を連れてきてもらい観戦するという活動を行い、観客が例年の3,4倍増加した
との報告もありました。
 
スポーツは接してみることで価値がわかる、魅力がわかるので積極的に接してもらう場を作り、
障がい者の可能性を妨げているものを腐食できる社会にするためにもたくさんの人の認識を
変えてもらいたいと締めくくりました。
 
また、続いて行われたパネルディスカッションでは全日本ろうあ連盟のスポーツ委員会会長
太田氏をはじめ、オリンピック、パラリンピック、デフリンピックの選手が登壇し、それぞれの
思いをお話しされました。
日本パラリンピアンズ協会の会長の河合純一氏は、パラリンピックといいながら、ろう者が
参加できない現状の改善を検討していきたいとし、また、パラリンピックを2度開催する都市は
世界初ということで、日本が今後のパラリンピックの手本となるようにアクセシビリティ関係の
充実を目指しているとお話しされました。
 
Win_20151212_160348
 
 
【学ぶフロア】
 「私たち当事者団体のチャレンジ」 12月12日(土)13:00~14:30(梅本理事)
 
 このカンファレンスは情報アクセシビリティをキーワードに、障害による困難やニーズの
共通点と相違点を理解しようという目的の学習です。
参加団体は全日本難聴者・中途失聴者団体連合会、日本盲人会連合、全国盲ろう者協会
で、それぞれの団体トップが壇上に勢ぞろいです。
  コーディネーターである全日ろう連の小中栄一副理事長から、「これらの団体が一堂に
会するのは歴史上はじめて」と挨拶。
続いて、石野理事長から基調報告の中でろう団体の活動報告がありました。
 
 全難聴の新谷友良理事長からは、「聞こえれば聞きたいという気持ちが強い。聞こえの
悩みは、心の悩みにつながる。社会モデルの考え方を入れながら、権利ベース(患者ベース)
で医療の世界を組みなおす必要がある」と話されました。
 盲人連合からは鈴木孝幸副会長から、選挙公報や議会だよりの点字版についての要望が出ていました。
「公示から投票まで日にちが短いため、点字広報が間に合わないというが、実施できている
自治体もある。やる気の問題」と、提起がありました。
 
  盲ろう協会からは、福島智理事が出席。通訳・介助者がいないと、家から一歩も出られない苦しみを改めて訴えました。
そして、広い意味のコミュニケーションとは、情報を分かち合えない人がそばにいることを
「イヤだ」と感じられるかどうかだと話されました。
 
マザー・テレサの「愛情の反対は、憎しみではなく無関心」という言葉を借りて、「共有する」
ことを感覚的にとらえることの大切さを感じました。
  私たちは、日常的にろう者とのつきあいだけになってしまっています。他の障害について
も知りたい、学ぶ必要があると思うのですが、実際に一歩踏み出すのはなかなかです。
このような機会がもっとあればいいし、地域でもそういった場を作る必要があると思いました。
 
 
【学ぶフロア】
「自治体のチャレンジ」12月13日(日) 12:30~14:30(荻島理事)
このカンファレンスでは、手話言語条例・情報コミュニケーション条例を制定した自治体の
各首長が成果と課題を議論しました。
講演:平井伸治氏(鳥取県県知事)
パネラー:田岡克介氏(北海道石狩市長)
泉 房穂氏(兵庫県明石市長)
品川萬里氏(福島県郡山市長)
浜田正利氏(北海道新得町長)
安田正義氏(兵庫県加東市長)
宮本泰介氏(千葉県習志野市長)
コーディネーター:長谷川芳弘(一般財団法人全日本ろうあ連盟副理事長)
 
2015_1213_130511pc130016
 
  会場に入り壇上を見た時、石狩市長の隣に高校生がいたことに「彼女は誰かしら?」
と思いながら始まるのを待ちました。
   まず、平井知事が鳥取県のPRをしながら条例作成までの流れを話されました。
   続いて石狩市長の話に。同行した職員の紹介をし、隣にいた高校生も紹介されました。
彼女は、鳥取県で行われた手話パフォーマンス甲子園の参加者であり、その経験を手話で
スピーチしました。場内の感動が伝わってきます。
   続く、明石市長もすべて手話で報告されました。スクリーンの画面からはみ出るような
大きな手話で体一杯の元気な手話にコーディネーターの長谷川氏が「ズンズンと響くような
手話表現」と笑顔でした。
  郡山市長は、手話言語法制定を求める意見書提出後に条例制定をしたが期日は2ケ月
であったと話され、憲法13条や、21条にも触れられた。
新得町長は少ない人口の中に200人のろう者がおり、子供の頃から手話があることが当然
のような環境で育ったと話されました。
   続いて加東市長に習志野市長からも地域の取り組みや動きについて報告がありました。
 
8年ほど前になるでしょうか、全国ろう高齢者大会が開催された地でのこと。
開催地の市長が全文手話での挨拶をした時、会場がどよめき感動の手と手で埋め尽くされたことがありました。
あの時、今日のような日が訪れることを想像したでしょうか。
この追い風がやむことなく全国に広がっていくことを期待したいと思います。
 
 
(文・写真 全通研理事 職員)
 

« 高知支部 全通研がめざす手話通訳制度学習会 | トップページ | 全通研国際部 アジア視察旅行! »