« 「手話通訳問題研究」第132号のグラビア撮影が終わりました | トップページ | 3/14滋賀支部の定例会へ行ってきました »

2015年3月24日 (火)

福島県郡山市で手話言語条例が成立されました。

傍聴者63名。事前に希望を取り当日の手続きを簡素化しました。当日の傍聴者もいました。
特に、青年部の傍聴があり次世代を担う人たちが成立に立ち会ったのは意義あることであり、今後が楽しみです。
 
10:00~12:00 議案に対して委員会報告
13:00~14:30 報告と採決 条例は86号議案
採決方法は、起立と異議なしの声のみがある。条例は着席して声のみ。
〇号~〇号一括採決…86号が入っているよ!採決されたよと伝える。
 
議場は拍手も声を出すことも禁止。皆膝のあたりで指をひらひらさせていました。
閉会後、議場に降りて行き写真撮影。前日に、福祉課でスムーズに記念写真が撮れるようにリハーサルしたそうです。
 
 
1024x576
 
真ん中が品川市長。その隣が高橋議長。昔手話サークルに通っており今もろう者と親交があります。
 
市政全般にわたる内容だったので、ろう者には理解が大変だったかと思いますが、いろんなことがわかって良かったとの声もありました。
 
今回は、市長のトップダウン。福祉課課長の理解。係長の実務能力と努力。物事が進展するにはタイミングがあると痛感しました。その契機を逃すことなく行動するのも大事と思います。
 
4月からあわただしくあると思いますが、地域で協力しあいながら活動していきます。
 
1024x562
 
(文/全通研福島支部 支部長 清水久美子)成立日:2015年03月20日

|

« 「手話通訳問題研究」第132号のグラビア撮影が終わりました | トップページ | 3/14滋賀支部の定例会へ行ってきました »