2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月16日 (月)

理事会が開催されました

2月7日、8日全通研理事会が全国手話研修センターで開催されました。
嵯峨嵐山駅から研修センターを見ると雰囲気が変わっています。
何が変わったか分かりますか?
 
2015_0208_122128p2080104_5
 
壁面にあったコミュニティ嵯峨野の看板と垂れ幕が撤去されています。
料理宿泊部門を民間に委託した結果なのかと思いました。
しかし、正解は「京都市屋外広告物条例」が昨年8月に完全実施された影響だとのことです。
 
正面に行くと、エントランスの雰囲気も変わり、宿泊部分の名称も変化し、舌を噛んでしまいそうな名前です。
 
2015_0207_200602p2070006_3
 
居室、食堂、ロビーもゴージャスになっていましたが、お値段も上がってました。
ネット予約も取っているせいか、宿泊者も家族連れ、外国人など従来の利用者より客層が広がっているようです。
これらの人が展示物や手話等にふれて、理解者が増えていけばよいなーと願っています。
 
2015_0207_214652p2070046_2 2015_0208_121903p2080100_2
 
 
今回の理事会の目的は2014年度総括や2015年度運動方針についての論議を行うためです。
素案を各支部で論議していただき、支部から提出されたご意見を報告案に反映するための論議を行いました。
 
精力的に論議を進め、支部からの意見を盛り込んだ報告案を確定することができました。
今回の理事会で決定した代議員会報告案を全国の会員さんにお示しし、支部での論議を行い、
5月に開催される代議員会でより豊かなものになるよう期待しています。
 
今回の理事会では、「全通研がめざす手話通訳制度」についての学習会も行いました。今、全通研本部ではパンフレットを作成し、会員さんに無料で配布し、地域で学習会が行われるよう準備しています。
そのためには一人一人の理事がパンフレットの中身を学習し、理解し、説明できる力が求められます。
また、統一的な説明ができるよう「統一レジメ」の作成も必要となります。
 
そこで「模擬学習会」を行いました。
米野理事が「全通研がめざす手話通訳制度」について作成予定のパンフレットの骨子、
佐々木理事が各支部での学習会用「統一パワーポイントレジメ」について説明役
となっての模擬学習会です。
 
2015_0208_104937p2080073_2 2015_0208_110936p2080083_2
 
当然他の理事は「一般の学習会参加者」です。
説明終了後4班に分かれ、問題点、不足点、疑問点についてグループ討議を行い、
その意見をパンフ、統一レジメに反映できるようにしました。
 
 

2015_0208_112149p2080089_2 2015_0208_112311p2080094_2

 

2015_0208_104241p2080060_2
 
理事一同一生懸命勉強をしています、各地の学習会を期待してください。
 
 
 
理事会終了後新幹線の時間まで少し余裕がありましたので天龍寺に行きました。
 
2015_0208_123644p2080110_3 2015_0208_124051p2080116_2
 
境内に居る人はほとんど外国人でした。
庭の白梅が少しだけほころんでいました、京都の春の訪れを皆さんにお分けします。
 
 
(文・写真 全通研会長 石川 芳郎)
 

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »