2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月29日 (火)

「けいわんの公務災害認定を求める」活動報告 そのⅡ

 
7月24日午後2時15分から口頭意見陳述が滋賀県庁内で行われました。これは非公開なので、参加者は地方公務員災害補償基金滋賀県支部審査会に補佐人登録をしなくてはなりません。「支援する会」を構成する3団体代表、全通研理事、「働くものの命と健康を守る滋賀県センター」から2人と北原先生の合わせて17人が登録し、参加しました。通常は4,5人らしく、「なぜこんなにたくさん参加するのか?本人との関係は?」などいろいろ聞かれました。
 
【事前打ち合わせ】
本番に向けて、13日の日曜日に打ち合わせをしました。この日は全体の流れの確認と、基本的な知識を持ち合わせないであろう審査委員のみなさんに視覚的情報をと準備したロールプレイの練習をしました。「百聞は一見に如かず」です。「市民検診を受けたい」と福祉課に来たろう者とのやり取りの場面設定でシナリオを作り、専任通訳者役は本人が、ろう者役はろう者にお願いしました。あっという間に女優誕生です。
 
 
Image2 Image1
 
 
支部審査会の書記官によると、それぞれの案件についての意見陳述なので別件としての取り扱いとなり、1人30分の意見陳述を2回するということです。ちなみに、この30分というのは決まっていて、「公平性ということから時間延長は認められない。みなさん30分を守っていますから、限られた時間内にきちんと言いたいことを整理してください」と‛きつく’言われました。公平ということはわかりますが、たった30分で語れるものではありません。わたしたちの「ろう者や通訳についてきちんと理解し、正しく判断してほしい」という気持ちは、どこにぶつければいいのでしょう。
 
【口頭意見陳述】 県庁北新館5階
 部屋に入ると、正面に3人(委員長と2人の委員)が並んでいて、左に参与が着席していました。右には人事課職員と記録のための速記者が座っています。ミニ法廷のような雰囲気で、みんなドキドキです。なんてったって、みんな初めての経験です。「緊張するな」と言うほうが無理というもの。
 
 
Photo_3
 
 
まず「支援する会」から30分間の陳述の流れを説明し、聴覚障害の特性や専任手話通訳の仕事内容、相談業務やコミュニケーションの大変さなどは2人に共通するので全体として受け取ってほしいとお願いしました。その後、本人から順に意見陳述が始まりました。
 
【陳述内容】
本人からは、障害者自立支援法の施行に伴って採用されたので派遣業務窓口が市町村となり仕事量が急増したこと、席がカウンター近くなので障害福祉課の窓口業務も担っていたこと、相談業務の研修も受けていないのに通訳者が担わざるを得なかった精神的負担など陳述しました。
 
その後、ろう者から言語獲得が大変なろう者がいること、まず信頼できる専任通訳者のところに相談をもちかけることなどが話され、次に自身も市の専任通訳者である全通研理事がパネルを使って市役所内に来るろう者の動きと、手話を使う場面についての説明をしました。急いで作成したというパネルを使っての説明はとてもわかりやすいものでした。
 
 
140724_02 140724_01
 
 
最後に北原先生が主治医であり頸肩腕症候群の専門家の立場から、通訳が身体のどの部分を使うのか、また単に腕や肩の痛みだけではなく、精神的にも大変な仕事であること、これまで多くの労災や公務災害が認められていることなどを話しました。
 
【委員からの質問】
こちら側の陳述が終わった後は、委員と参与からの質問です。通訳業務と相談業務の内容の確認や通訳時間についての質問が多い中、正規職員が窓口に出るべきなのになぜ通訳者が対応するのか、通訳者はなぜ相談員の研修が受けられないのかといった根本的な質問もありました。部屋に入った時は険しかった委員のみなさんの表情が、終わったときは柔らかくなっていたのは救いでした。準備は大変でしたが、仲間の力はすごいと思いました。
【これからの活動】
署名は、7月1日以降も速達などで続々届けられています。現在いただいている署名は合計5,000筆です。全日本ろうあ連盟も動き始めてくれました。口頭意見陳述の結果がいつになるかはまだわかりません。でも、手をこまねいて結果を待つのではなく、送っていただいた署名を支部審査会に届けたり、全国に情報を提供しながら、全国の仲間の応援を背に「公務災害認定」の実現に向けてがんばりたいと思います。
 
Image4 Image3
 
〔口頭意見陳述直前の打ち合わせ〕 
 

(報告者 梅本悦子/理事・滋賀支部)

 

2014年7月11日 (金)

全通研学校(北海道会場)

今年で最後となる全通研学校パートⅡは北海道よりスタートです。
北海道会場は「社会福祉(全通研運動)」のテーマで、3名の方にご講演いただきました。
 
 
 
一つ目の講義は仙台錦診療所・産業医学センターの広瀬俊雄医師による「手話通訳者の健康問題」です。
 
001
 
広瀬先生は産業医学を専門とし、頸肩腕障害健診に関わっていらっしゃいます。
まずは広瀬先生の講義で印象的だったことをご紹介させていただきます。
 
  002
 
頸肩腕障害の発生に職場の環境面や職員個々の個人面が関係すること、頸肩腕障害の予防のための体力(筋力)作りについてです。
職場の環境面というのは皆さんもピンと来やすいと思います。
個人面とは、その人の仕事の時の姿勢や癖、体質等によるもので、同じ作業内容・作業量でも頸肩腕障害になる方、ならない方がいるとのことです。
ちなみに広瀬先生は保育士の頸肩腕障害や腰痛の原因を調べるときに保育の様子をビデオ撮影し、ある保育士が抱っこの仕方など姿勢がほかの職員と異なっている様子から頸肩腕障害や腰痛が発症していることを見つけたそうです。
そして予防のための体力(筋力)作りについては、保育士であれば子どもを抱っこするための筋力、手話通訳者であれば手話表現のために上腕を上げ続ける筋力の有無で体の負担が違うとのことです。
私たちストレッチは意識していますが、プラス筋トレというのがこれからの健康対策にプラスしていく視点ではないか、と思いました。
 
 
 
 
2つ目の講義は薗部英夫全国障害者問題研究会事務局長の「権利条約批准・新しい制度と私たちのくらし」です。
 
003
 
日本国憲法と障害者権利条約、そして国内の各種法律との関係をウルトラの母とウルトラの父たちに例えてお話してくださいました。
また障害者自立支援法違憲裁判の取り組みの中で時の首相や厚生労働大臣が国の過ちを認めたことの大きさ、一方で政権が変わってしまったことでそれまでの政府の見解が大きく変わってしまったとの話を障害者制度改革推進本部や推進会議の様子からお話してくださいました。
そして噂?に聞いていた、歌を織り交ぜながらのユーモアあふれるご講演でした。
 
 
 
そして1日目終了で講師3名にも参加いただいての懇親会です。
広瀬先生が講演の中でちらりと話題に出していたワールドカップ日本代表の話についても、みんなで盛り上がります。
今から4年後を考えるのではなく、今はまずは何も考えずに温泉に行って体も心も休める時期だ、とのこと。
みんなで確かにそうだ、とワイワイ話は広がります。
 
 
 
 
 さて2日目ですが、渡辺副会長の「全通研法人化と今後の運動への展望」の講義でスタートです。
 
006
 
渡辺副会長はぜひ北海道にいらしてください、と私が研究部会の中でラブコールを送らせていただき、講義をしていただくことになりました。
ラブコールを送らせていただきながらも実は講義を聞いたことのない私です。
どんなお話かなとドキドキ?ワクワクしておりました。
全通研の歴史だけではなく、ろう運動の歴史についてお話しくださりました。
言葉としては耳にしたことのある出来事であっても実は詳しく知らなかったと参加された皆さんからも好評でした。
特に「3・3声明」を参加者全員で読み合せたことは、資料を見るだけではなく読み合せることで自分の理解が深まったとの声が午後からのグループ討議で意見として多くの方がおっしゃっていました。
 
 ということで、午後からはグループ討議です。
 
 「グループ討議に参加できなくて残念と参加できなかった方々が思うような充実した時間にしましょうね♪」とお伝えすると会場から笑いも起こりつつ、2つのグループでの討議をスタートしました。
それぞれ自己紹介と講義を聞いての感想、北海道会場のテーマである『社会福祉(全通研運動)』についてなど、日々の活動や課題を出し合っていただきます。
 「記録、誰にする?」「発表者は?」「記録したり、発表したりするのが討議の目的ではないので大丈夫ですよ~。
討議を深めることを一番の目標にしてくださいね。
最後にそれぞれのグループがどんないい話をしたのか、ちょっぴりみんなで共有しましょう~。」そんな雰囲気で私たちブロック理事も渡辺副会長も要員のお二人にもグループ討議の仲間に入れていただきました。
 
007
 
 どちらのグループも自分の健康を守る意識や地域の意思を育てていく視点、北欧の先駆的な事例に学び、私たちの運動をどう広げていくか、3・3声明のような歴史を学ぶことの大切さ、など共通するポイントを討議していたということで発表いただきました。
 最後は渡辺副会長がビシリとまとめて全通研学校は終了いたしました。
 参加された皆さん、広瀬先生、薗部さん、渡辺副会長、いろいろ作業いただいた皆さんありがとうございました♪
                 (文・北海道ブロック 理事 田中美佐保/写真・渡辺副会長&田中)

2014年7月10日 (木)

東海・四国ブロック組織担当者会議 二泊三日ツアー その2

さて、今回の組織担当者会議は東海ブロック(名古屋)7月5日(土)と
四国ブロック(丸亀)7月6日(日)と連チャンでの開催です。
 
7月5日に名古屋を出発して19時35分丸亀着。
駅には菅原理事と香川支部曽我部支部長が迎えに来てくださっていました。
ありがとうございます。
 
001
 
ホテルに荷物をおいて、交流会場へ。
四国ブロックの皆さんは、今日はブロック運営委員会をおこなったそうです。
 
 
002
 
会場の「丸亀ダイニング せっせ」は、四国ブロックの皆さんで貸し切り状態。
着いたときは、ちょうど、戎理事、森川理事が帰られるところでした。
ぎりぎりご挨拶ができました。
 
 
003
 
座ってびっくり。
前にはNGS(ネクストジェネレーション四国)の若者がずらりと座っていました。
 
四国は「田舎」ってイメージで(すみません)若者が多いなんてぜんぜん思いませんでした。
交流会の半分近くは概ね40歳以下の方が占めていました。
 
何で若者が多いのと聞くと、「先輩達の声かけがうまいんじゃないか」とのこと。
このあたりをみんなで勉強したいですね。
 
 
朝食は、名古屋駅でもらったパンで済ませて、同じホテルの高知支部の皆さんと一緒に
会場の丸亀市健康福祉センターへ。
 
車から降りると、駐車場の案内をしていた職員さんと高知支部の皆さんが盛り上がって立ち話。
この職員さん高知に6年住んでいたそうで、支部の方の車を見て懐かしく思われたそうです。
ひとしきり高知弁での会話で盛り上がっていました。
 
 
004
 
組織担当者会議は10時から15時まで。
参加者は27名です。
支部の組織部員さんはもちろんのこと運営委員、学習部長、医療班長など多くの人が参加してくださいました。
 
005
 
 
 
 
 
お昼はみんなで近くのうどん屋(たも屋)さんへ
 
006
 
手前は菅原さん、記録を手伝ってくださった豊島さん。
休憩時間には、研修センター後援会入会案内もされていました。
この日は、なんと15名が入会しました。
研修センターも全通研も、顔を合わせて声をかけることが大切ですね。
 
008
 
 四国ブロックでは、会員拡大グッズの写真が撮れませんでしたが、
書籍に本についての問い合わせ先を書いたしおりを付けたり(香川支部)
退会率の高い登録通訳者経験3~5年の人を対象にした研修会を開催している(高知支部)
地域で手話通訳初心者向けの研修会を開催している(愛媛支部)
地域班で研修センターに見学に行った(徳島支部)など
 
様々な取り組みが行われていました。
 
 会議では、菅原さんや前組織部担当理事の前田さんが楽しく盛り上げてくださいました。
ありがとうございます。
 
007
 
会議は15時を少し過ぎて終了しました。
終わった後も、一番手前は香川支部の皆さんが集まって事務連絡。
右壁際に集まっているNGSは、昨日の昼もホテルでも話し合ったそうです。
これからどんな活動をしていくのか協議されていました。
一番奥は高知支部の皆さんが、西部班(高知は地域班が東、中、西と分かれています)への出前講座の打ち合わせをされていました。
 
どこに行っても、皆さんの活動に頭が下がります。
皆さんお疲れ様です。m(_ _)m
 
私は、菅原さんに丸亀駅まで送っていただいて終了。
 
次の組織担当者会議は、7月12日近畿ブロックです。
担当は四国の菅原さんです。
近畿ブロックの皆さんよろしくお願いします。
 
                                   (文・写真 組織部長 小山秀樹 理事)

2014年7月 9日 (水)

東海・四国ブロック組織担当者会議 二泊三日ツアー その1

 
さて、今回の組織担当者会議は
東海ブロック(名古屋)7月5日(土)と四国ブロック(丸亀)7月6日(日)と連チャンでの開催です。
私の住んでいるところから名古屋まで4時間弱かかります。
5日の会議は朝10時からなので前泊にさせていただきました。
一泊6,300円で、交通費は往復で25,000円です。
全通研本部会費は8,000円なのでだいたい4人分の会費を使ったことになります。
ブロックで組織担当者会議を開催し会員拡大等について情報交換できるのも
皆さんの会費のおかげです。
 
会員拡大は「障害者制度改革に関わる運動、手話通訳者の実態と健康についての全国調査、東日本大震災被災地支援や差別事例の収集なども全通研の組織力があっての取り組みです。これらの運動は、会員の活動と会費によって支えられています。会員を増やしネットワークを広げると共に財政基盤を確立させていくことが重要です。」(2014年度議案書より抜粋)

 
さて、当日の会場は名古屋市にある東別院です。会場にちゃんと着けるか心配なので早めにホテルを出て会場へ。一時間も前についてしまいました。
 
001
 
東別院への歩道(参道)には、石碑やお釈迦様のプレートが置いてありました。
 
002
 
プレートの向こうに見えるのが会場の東別院会館
 
 
会議は10時から15時までの4時間です。東海各県から14人が集まり組織活動の経験交流を行いました。
 
003
 
手前が、東海ブロック選出の荻島理事、その左で記録をしてくださっているのが来年の夏集会(三重支部)担当理事の佐藤さん
 
004
 
昼休みは、三重、静岡の皆さんと一緒に近くのレストランでいただきました。
ランチはすぐ出てきたのですが、カツカレーはなかなか・・・20分ぐらい待ったかな
 
東海ブロックで紹介された支部の取り組みを少し紹介します。
 
005
 
三重支部では、全通研紹介パワーポイントを活用して支部紹介パワーポイントを作成しました。
 
  006 007
 
愛知支部、三重支部は会員書を台紙に付けて会員さんに届けています。
愛知支部の台紙(左)
三重支部の台紙(右)
台紙には、年間の行事計画が印刷してあります。
 
008
 
静岡支部では会員さんに
「静通研活動で、私ができること。」
というアンケートを記入してもらっています。
資格が必要なものや、ちょっとした手伝いなどいろいろな項目があります。
このアンケートを基に、行事などで会員さんに協力をお願いしているそうです。
 
予定時間を20分過ぎて、15時20分終了
午後は休憩が取れませんでした。参加した皆さんごめんなさい。
 
009
 
愛知支部の皆さんは、終了後に支部組織部会議をされていました。
こんな日々の活動で全通研を支えていただいています。ありがとうございます。m(_ _)m
 
010
 
三重支部の皆さんと名古屋駅でティータイム。
いただいたパンは、明日の朝食にします。
 
011
 
16時52分ののぞみで岡山へ
岡山からマリーンライナーで丸亀へ
明日は、丸亀で四国ブロック組織担当者会議。
                                                                             (文・写真 組織部長 小山秀樹 理事)

北海道ブロック研修会

7月5日、6日と北海道ブロック研修会へ参加しました。
70人程度の皆さんが2日間、熱心に討論をされていました。
 
02
 
初日は夕方に始まって、20時過ぎまでの研修。北海道は広く大変です。
 
03
 



 
04_2
岩見沢には、馬場像。
 
01
 
夜は交流会のあとワインバーで飲んでたら地元の小学校の先生夫婦と意気投合。
戦争反対!!と盛り上がりました。
 
翌日はちょっと大変でしたが・・。
 
(文・写真 近藤副会長)

2014年7月 4日 (金)

【滋賀からの発信】「けいわんの公務災害認定を求める」署名を提出しました その1

 
 今年2月に開かれた冬の討論集会でも報告がありましたので、
ご存じの方も多いと思いますが、簡単に経過を説明します。
 
2009年に滋賀県A市に雇用された2人の専任手話通訳者が相次いでけいわんを発症し、
公務災害認定を申請していました。
でも、「この程度での通訳時間数では過重な業務とは言えない」などの理由で、
2013年9月に公務外認定が決定しました。
 
これを受けて、10月に地方公務員災害補償基金滋賀県支部審査会に審査請求を出し、
支援する会も立ち上げました。
この審査は、基本的に書類のやり取りで行うのだとかで、
審査請求に対しての弁明書が届き、それに対する反論書を提出しました。
 
設置通訳者の仕事は、手を動かしている時間だけではないことは、
私たちの中では当然のことです。
でも、そのことがまるで反映されていない決定に、
手話通訳とは何か、設置通訳者の仕事とは何かを知ってほしいと、
口頭意見陳述の申請もしました。
 
ただ、申請が通るかどうかは支部審査会の決定だそうです。
自分たちの権利として、言いたいことを述べる機会が保障されるということではないのですね。
初めて知ることばかりで、戸惑いと腹立たしさでいっぱいです。
 
全国の仲間にも支援をお願いしたいと、全通研代議員会で署名用紙を全県の代議員さんに渡しました。
それぞれにコピーをしていただき、たくさんの心のこもった署名が届きました。
特に、福島(455筆)、埼玉(419筆)、高知(270筆)、愛媛(227筆)をはじめ、
多くの署名をいただきました。
ほんとうにありがとうございました。
 
640x480
 
 
 
 
7月1日、支部審査会の書記官に全国から届いた個人署名3,405筆と6団体の団体署名を手渡しました。
受け取った書記官は「こんなにあるんですか。もっと集まるのですか?」と驚いていましたので、
「全国が注目しているということです」と話しました。
 
640x480_2
 
今月の24日には、口頭意見陳述が開かれます。
限られた時間ですが、全通研理事の協力も得て、伝えたいことを精一杯話したいと思います。
署名活動もまだ続けます。
更なるご協力をお願いします。
 
署名とともに、暖かい励ましのメッセージが届いています。
 
○1日も早く公務災害として認定されます事を祈っています。これからも活動頑張ってください(岩通研)
○誰が発症してもおかしくないこの頸肩腕障害はなかなか認めてもらえない理不尽を覚えます。
  認めてもらうのではなく、認めさせましょう。(福島)
○早急に認定されるようお祈りしています。頑張ってください(愛媛)
○今回の事は、手話に関る者として、他人事ではありません。
  自分の事、皆の事として取り組む必要性を感じております。
 協力出来る事があればお申し付けください。
  皆さまの運動が実を結び『公務災害』が無事認定されます事をお祈り申し上げます。(香川)
○私たちも1日も早く認定されることを強く望んでおります。
 秋田から応援エールを送ります。(秋田)
                                                           報告者 梅本悦子(理事・滋賀支部)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »