« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月27日 (火)

2014年度代議員会が終了しました

5月24日(土)、25日(日)の2日間、京都の全国手話研修センターで代議員会が開催されました。
 
P5250261_640x480 P5250263_640x480
 
恥ずかしい話、代議員会に参加するのは初めてで、まさか理事候補として参加するとは…非常に心もとないことで、なんかすみません。
 
さて、議案の討議や課題別討議で次々に出される質問や意見とその回答を部屋の一番後ろから聞かせてもらっていましたが、わたしが一番感じたのは「あこがれ」の気持ち。
 
何にあこがれたのか、といいますと、代議員のみなさんの熱い思い!と出された質問や意見にこたえる理事さんたちのスマートさ!でした。本当にたくさんの方が発言されていて、みんなで全通研を運営しているんだな、と実感できました。
 
P5240054_640x480 P5240062_640x480
P5240058_640x480 P5250283_640x480
 
 
 
 
交流会は全国手話研修センターのラウンジとレストラン、そしてテラスにも席が設けられていました。テラスはとっても涼しくて快適でしたよ。近畿ブロックのみなさんが準備していただいたゲームももちろんですが、全国のみなさんのお話も会場のあちこちで盛り上がっていました。
 
P5240076_640x480 P5240088_640x480
 
P5240099_640x480 P5240232_640x480
 
 
議長のお二人、そして代議員のみなさま、退任された理事のみなさま、本当におつかれさまでした。また、石川会長をはじめとする理事のみなさま、事務所の職員さんたちもご準備など大変だったことと思います。ありがとうございました。
 
P5250257_640x480
 
P5250316_640x480 P5250329_640x480
 
 
 実は、このブログへの寄稿が新米理事としての初仕事です。十分に雰囲気を伝えられたかどうかはわかりませんが、今後ともよろしくおねがいします。 
 
 
                                  (文・加藤貴雄 写真・全通研職員 坂口)

2014年5月20日 (火)

愛媛支部も30周年を迎えました

5月17日、愛媛支部30周年パーティと翌日の支部総会、学習会のために、愛媛支部を訪問させていただきました。
 
松山空港には愛媛支部で機関紙を担当している金山ご夫妻が迎えに来てくれました。
 
001
 
二人とも正装で、私の迎えだけでわざわざここまで丁寧にしてくれなくてもと思いつつ、車に乗ってお聞きしました。
答えは「今晩パーティがあるから」と言うことで少し安心しましたが、
同時に私はパーティのための服装は準備しておりません。
支部からのメールでは「集まりもするから」程度のものでした。
 
今日の宿舎は松山駅近くのホテルです。
松山駅は平成12年にリニューアルした「坊ちゃん」に代表されるレトロな雰囲気の駅です。駅の近くには正岡子規の碑もありました。
 
002 003
 
004
 
その駅の近くにホテル(朝は早くから伊予鉄の音が聞こえ、窓から下を見ると伊予鉄の駅がありました)を予約し、荷物を下ろし、
しばらくして「ひめ通研30周年パーティ会場」に向かいました。
 
会場は道後温泉近くの「道後友輪荘」です。
 
005
 
四国ブロックの皆さんが学習会等に使用する宿泊も出来る施設です。
香川支部の菅原、高知支部の前田、徳島支部の戎支部長は
閉会間際に駆けつけてくれました。
 
006
 
まさに「四国は一つ」を表していました。
 
司会は「坊ちゃん」の雰囲気でしたが、マドンナは仕事の都合で時間までに到着出来ませんでした。
 
007 008
 
ろうあ協会の皆さんからも暖かい祝辞を述べていただきました。
圧巻は手話サークルの出し物です。
手話サークルなのか郷土芸能保存会か分からない雰囲気でしたが、
会場を盛り上げていただきました。
 
009 010
 
011
 
皆でゲームをし、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
会場の雰囲気は東京では味わえない、異常というか不可思議なものでした。
これが「ひめ通研」の強みかも知れません。
 
「ひめ通研アーカイブス」では30年の歴史が披露されました。
20年前の写真(10周年)に写っている会員さんがたくさん会場におりました。
 
012 013
 

18日は支部総会です、前夜「9時にホテルに迎えに行きます」という約束でした。
10時からの支部定期総会に私が行って何をするのかなーと言う疑問をも感じながら「分かりました」と別れたのですが、
翌朝、森川支部長から電話とメールがあり、
「午前中は松山を散策して下さい、12時までに学習会会場にタクシーで来て下さい」とのことです。
 
ホテルのフロントに行って地図をもらうと、今日の会場と松山城が比較的近いのが分かりました。
ホテルから徒歩で城山公園に行き、松山城に行こうと計画しました。
城山公園ではイベントが企画されていましたが、イベント会場から松山城を見ると遥か上の方です。
 
014 015
 
観光用の写真とは異なります。
この時点で私は松山城見学を断念しました。
同時に戦国の時代、鎧、兜、武具を身につけ、この坂を駆け上がった古の人々の体力に感嘆しました。



支部総会と学習会が開かれるのは「愛媛県視聴覚福祉センター」です。
 
016 017
 
「伊予鉄本町六町目」から歩いて目と鼻の先でした。
支部総会の会場を見るとろうあ協会代表はもとより、
県や市の行政担当責任者も出席されていました。
ひめ通研が幅広い関係を持っていることがよく分かりました。
 
2017年には愛媛で国体が開催されます、支部総会会場には「みきゃん」も来てくれ、学習会開催前に「みきゃん」も含めて記念写真を撮りました。
 
018 019
 
2時間の学習会、自分なりに一生懸命話したつもりです。
 
020 021
 

しかし、終わるといつも感じるのは主催者の意図に合致していたかどうかと言う反省です。
緩やかに、幅広く、行政も巻き込んだ理解者作りを進めている愛媛支部から多くのことを学びながら帰京しました。
 
 
 
 
                                                                                             (文・写真 石川 芳郎 会長)

2014年5月13日 (火)

宮崎支部行ってきました!!

 
009_428x640
 
5月10日、11日に宮崎支部にお伺いしました。
宮崎支部の定期総会の前に開かれる講演会の講師を依頼されたからです。
 
テーマは「全通研40年の歴史から学ぼう」です。
年齢を重ねた者が奮闘するテーマだと思い向かいました。
 
宮崎は、第31回全国手話通訳問題研究集会(1998年)で初めて行った場所です。
集会の会場がすごいホテルであったこと、
講座の会場にはホテルのボーイさんがいたこと、
平和公園の大きな石造りの塔には「八紘一宇」と書かれていたことなど
思い出深いところです。
しかし、そのホテルも外資に二束三文で売却されてしまいました。
 
宮崎空港には会員の古川さんが待っていてくれました。
東京で報道関係のお仕事をされ、その後宮崎に戻られた、宮崎支部で活動されている方です。
「全通研NOW」用に写真を撮らせていただきました。
 
001_640x428
 
古川さんの運転で宿舎のホテルに着きました。
少し休憩した後、支部の皆さんと夕食を共にしました。
支部長の満平さん、奥さん、娘さんも参加してくれました。
 
003_640x428
 
全通研理事の窪田さん、昔地域で一緒に活動し、宮崎に戻られた大澤さんの顔も見えます。
 
002_640x428
 
U-35の事務局長も来られました。病院で栄養士として働いている方です。
また、多分最年長で手話通訳士試験に挑戦され、合格した方にもお目にかかることが出来ました。
 
   005_640x428 006_640x428
 
宮崎は手話言語法、手話言語条例制定にむけて燃えています。
県下の多くの自治体に働きかけている様子を聴くことが出来ました。
様々な場所で支部が地域のろうあ協会と共に動いていることを実感しました。
=====
11日は窪田理事が車でホテルに迎えに来てくれました。
今日の会場は宮崎の情報提供施設です。
会場に着くと既に役員さん達が準備を完了してくれていました。
パワーポイントの調整を行い、私も準備完了です。
会場入口では会員継続の体制を整えた役員さんも待機し、受付が始まりました。
 
007_640x428
 
満平支部長のご挨拶で講演会が始まりました。
後は2時間で40年間の歴史を話さなければならない私の奮闘だけです。
 
008_640x428
 
今回は満平支部長のご協力で講演会の雰囲気も写真に撮ることが出来ました。
休憩時間、宮崎県身体障害者スポーツ祭に出かけられ、不在であった安藤前連盟理事長ともお会い出来ました。
午後は支部の定期総会ですが飛行機の関係もあり、宮崎駅まで送ってもらいました。
発着を示す電光表示板を見るとどれも1時間に1、2本です。
 
010_640x428
 
地域の活動の大変さを見ることが出来ました。
 
011_640x428
 
駅に停車していた電車です、形は次世代型ですが軍事色の電車で何か不気味でした。
宮崎空港について孫へのお土産を購入した後出発ロビーへ向かいました。
ちょうど帰りに乗る飛行機が到着し、荷物を出していました。
じっくり観察するとものすごく合理的に出来ていることが分かりました。
 
Waamvd880
 
全通研にもこの合理性が必要なのだと思いながら遠くから見学することが出来ました。
 
帰宅してからニュースが二つありました。
その一つは宮崎のバスジャックの事件です。
そして、もう一つは宮崎支部満平支部長から
「会場にいた3名の未会員の方の内、2名の方が入会してくれました」というメールです。
よかった!!
よかった!!
 
  まだ名も知らぬ宮崎支部の新しい2名の会員さん、一緒に歩みましょうね。
 
 
                                          (文・写真 石川 芳郎 会長)

2014年5月 7日 (水)

千葉通研にお邪魔しました

 
 
4月27日 千葉通研にお邪魔しました。
 
 
001  003
 
 
この日は午前中が総会、昼から学習会。
「あり検マンガができるまで」というテーマで話をしました。

教材はもちろん『マンガで読む手話通訳事例集』です(笑)
 

004
    
みなさん、熱心に聞いてくださり終了後の質問もたくさん頂き、講師としては嬉しい悲鳴でした。

全体の話が終わってからは3つのグループに分かれ会員同士の交流タイム!

各グループに入れて頂きましたが、それぞれ話しのテーマが多岐に亘り、爆笑あり、共感ありでとても有意義な交流でした。

005
    
千葉支部のみなさん、朝から1日お疲れ様でした。

とても楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

前日からお世話になった役員のみなさま

大変ありがとうございました<m(__)m>
 
 
002_2
 

                                         (文・写真  岡野 美也子 理事)

2014年5月 1日 (木)

監査、そして広島支部へ

 
4月25日、仕事である研修担当者会議を終え、新幹線に乗り京都へ向かいました。
 
この日は金曜日、車内は帰宅する単身赴任のサラリーマンで混んでおりました。
 
京都へ到着し、コンビニで食料(アルコールを含む)を買い、全通研事務局で指定されたホテルに向かいました。
 
今日から全通研の監査が行われており、明日の朝から監査に立ち会うためです。
 
翌朝、ホテルの食堂で橋本財政部長に会うことができ、皆さんと一緒に事務所に向かいました。
 
職員の皆さんも監査のために出勤していました。
 
本日の監査が始まり、三役も聞き取り調査を受けました。
 
その後も職員や財政担当の理事に対する質問等が続きました。
 
 
001_2  002
 
003 004
 
 
写真は監査風景です。
 
このようにして代議員会への資料や報告が準備されていきます。
 
午後からは税理士さんも出席する中、いくつかの指摘事項を含めた講評が行われました。
 
監査終了後広島へ向かいました。明日開催される広島支部学習会に参加するためです。
 
宿泊予約のホテルの目と鼻の先ということで広島支部事務所を拝見することができました。
 
 
005
 
 
チサンマンションの一部屋です。
 
事務所の箱田さんの説明では、「昭和50年に広島カープが優勝したときに建築」された建物だそうです。
 
5、6年前に支部で購入し、内部を事務所用に改装されたそうです。
 
白を基調としたきれいな部屋です。
 
 
006 007
 
 
事務所で自称「広通研三人娘」にお会いしました。箱田、平田、木村さんです。
 
 
008
 
 
しんどい中で支部運営を支えている皆さんですが、明るい人柄で元気が出てきます。
 
総会当日の朝、小山理事がホテルに向かいに来てくれました。
 
ホテルから歩いて15分ぐらいのところが本日の会場です。
 
仲川支部長の正装での出向かいを受けびっくり、5階会場に案内されました。
 
 
009
 
 
会場は多機能型の部屋で床にはシートが貼られ、その上に椅子が用意されていました。
 
役員さんの準備も大変だったと思います。
 
 
010
 
 
正面には広通研定期総会の掲示、達筆な字で書かれたものです。
 
 
011
 
 
仲川支部長のご挨拶の後、2時間ほどが私の担当する時間です。
 
つたない話しを皆さん一生懸命聴いてくれました。また、全通研発行の書籍の購入にも協力していただきました。
 
会場にはろう重複の皆さんが働いているアイラブ作業所の仲間も物品販売に駆けつけてくれています。
 
広島菜(野沢菜より少し大きい感じのもの)が含まれた新作のおせんべいも登場しました。
 
 
013
 
 
全国の支部で定期総会が開かれる時期です。
 
様々な困難もありますが、力を合わせれば解決していく力を私たちは持っています。
 
この力を5月の代議員会へ結集し、皆で歩み続けたいと決意を新たにし、広島を離れました。
 
 
                                                                                                      (文・写真 石川 芳郎 会長)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »