« 全国ろうあ者大会in山形に出席しました | トップページ | 東日本大震災講師派遣in鳥取(2013/4/20) »

2013年7月 1日 (月)

~ブロック組織担当者会議開催中 その2~

6月22日九州ブロック組織担当者会議に参加してきました
毎年開催しているブロック組織担当者会議には、全通研組織部担当理事が
それぞれブロックに赴き開催します。

組織担当理事となった昨年度は、四国ブロックと関東ブロックを担当しました。
2年目の今年は東海ブロックと九州ブロックの担当です。
東海ブロックは6月2日に開催されました。
全通研NOWに少しですが紹介していますのでご覧ください。


今回は、福岡県春日市で開催された九州ブロックの組織担当者会議へ行ってきましたので簡単に報告します。
1
広島駅から「さくら」で博多へ
 当日は台風の影響を心配しましたが、台風は通りすぎ降り続いた雨もやみました。

在来線は、雨の影響が残り一部徐行運転のため遅れが出ていましたが、新幹線は定刻で広島駅を出発、博多で鹿児島本線に乗り換え10分で春日駅へ。

会場となったクローバープラザは駅前徒歩一分です。
2
JR春日駅
会場となったクローバープラザは、駅前の好立地です。
3
組織担当者会議の翌日には、九州手話サークル連絡協議会の研修会が開催されました。
 
会議は14時~17時までの3時間です。

はじめに組織部のパワーポイントや議案書を使いながら組織部活動の説明や会員拡大のポイントなどを説明しました。

合わせて、組織部は全通研の「営業マン」。

全通研をどう売り込んでいくか(会員を増やしていくか)、製品に対する苦情や要望(会員さんのニーズ、退会の理由など)を把握し製品の改善につなげていく(全通研の活動に反映させていく)ことが役割ではないか。

そのためには、製品(支部活動・全通研)をよく知っていることが大切だと思うことなど話しました。
4
今年の九州ブロック組織担当者会議の参加者にはU35が3人含まれていました。
 
九州ブロックは、会員継続率が91.25%と全国平均88.99%を上回っています。

その中でも継続率95.83%(会員数418名)と全国トップの福岡支部の取り組みを紹介します。
今年度の代議員会では、最高会員数468が減り、400を切りそうなときがあったが、


①出かけて全通研や福通研の話をする。
②継続ができない理由をアンケート。
③ピヨピヨ講座などの開催。
④研修会参加者へのポイントシールの提供。
⑤出張ミニ講座の開催などの取り組みが報告されていました。




今回の組織担当者会議では、「お誘いチケット」や入会セット(全通研パンフレットや会費の使われ方の解説した「会費1万円のゆくえ」、会費振込用紙などのセット)が紹介されました。
5
「お誘いチケット」:左側には、研修会のテーマや開催日時、
右側には連絡先を記入します。
お誘いチケットは・・・
福岡支部の研修会に未会員が参加するときは3000円の参加費が必要です。

参加した未会員に領収証代わりに渡すのが「お誘いチケット」です。

この「お誘いチケット」を持っていれば、翌年度会員になる際は、
年会費10,000円のところを、残り7,000円で会員となれるというものです。

つまり、実質的には未会員であっても会員になることで、
研修会に「無料で参加できた」ことになるというものです。
会議終了後は、組織担当者会議と平行して開催されていた
九州ブロック代議員会の参加者と合流して博多駅前の居酒屋で飲み会です。
気がつくと20時55分。新幹線は21時14分発。

慌てて失礼して博多駅に小走り。新幹線の中ではパソコンを抱えていつの間にか熟睡。

気がつくと広島駅でした。
                           (文・写真:小山理事)

« 全国ろうあ者大会in山形に出席しました | トップページ | 東日本大震災講師派遣in鳥取(2013/4/20) »