« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月30日 (木)

衆議院内閣委員会傍聴

 関東地方にも梅雨入りが宣言された2013年5月29日(水)に、障害者差別解消法案についての採決が内閣委員会において行われるとのJDからの情報により、渡辺がこの委員会の傍聴に参加してきました。
 JDの呼びかけで、たくさんの障害者(車いす、視覚障害者等)が傍聴しました。
 集合は8時45分に衆議院第一別館でした。私が会場に着いたのが8時半。障害者総合支援法反対のため、昨年、私は参議院の国会前で街頭集会に参加していたので、そこで、顔見知りになった方がいましたので、安心しました。

公明党輿水恵一議員の紹介で、傍聴券をJDがあらかじめ用意してくれていました。用紙には、「内閣委員会傍聴券 衆議院」と書かれてあり、傍聴人である自分の名前と年齢を記入して、衛視に紙を渡して中に入ることができました。中に入る前には携帯電話はもちろんのこと全ての荷物はロッカーに入れなければなりません。筆記用具だけを持っていきました。傍聴する内閣委員会は、いったん、地下1階に行き、迷路のような廊下をかなり遠くまで通り、エレベーターで3階まで行きました。「15会議室」が、内閣委員会の行われる会場でした。

 部屋には、両脇の壁に取り付けられたテレビカメラ、正面には委員長席、それをUの字型にテーブルが設置され、約40人の委員席があります。委員長席に向かって右側は大臣や政府関係者の席があり、左側には議会事務局の職員が6人ほど座っていました。そして、傍聴席は、4人掛けのテーブルが5つ、2列になって座るようになっていました。傍聴席の一番前は、政党機関紙席でした。壁には、肖像画が貼られていました。津島雄二元厚生大臣だったと思いますが、貼られていました。知っている顔はこの人くらいでした。

 9時少し過ぎて委員会が開会されました。
 質問者は、6人でした。トップバッターは高木美智代議員(公明党)でした。30分間の持ち時間いっぱいを使って質問していました。次は、中根康浩議員(民主党)45分、杉田水脈議員(日本維新の会)45分、大熊利昭議員(みんなの党)30分、村上史好議員(生活の党)15分、最後は赤嶺政賢議員(日本共産党)15分でした。最初は、質問者も答弁者も声が小さく聞きづらかったのですが、2番バッターから合理的な配慮?ということで声が大きくなりました。

 質疑の中で重要であると感じたことを記します。
1 差別禁止法が差別解消法になった理由は。
 障害者基本法の第4条を具体化したのが本法律案である。差別を禁止するとともに実効的にすすめるために基本方針、基本指針、ガイドラインを作成する。また、紛争を解決するために地域協議会を設置する。これらを通して差別のない社会を実現するため、解消という名称にした。

2 批准に向けて。
国内法の整備が進まないと批准はできないとの考えから、これまで改正障害者基本法、総合支援法を成立させてきた。あと、今国会で雇用促進法改正とこの差別解消法を成立させることで一定の国内法の整備ができたと考えている。

3 差別解消法の施行が3年後になっているが、その理由は。
 基本方針、基本指針、ガイドラインなどを作成する必要があること。また、円滑に行えるよう広く国民に周知させていくことが必要なため、3年後の平成28年4月1日施行とした。また、その3年後に見直しを行うとこととした。

4 意思を自分で表明できない人たちのことも考えてほしい。
 知的障害者や重度障害者は自ら意思を表明できないことから、家族であったり支援者であったりする人から意見を聴取してく。

5 地域協議会の設置は。
 各自治体で地域協議会を設置してもらうよう、働きかけをしていく。当事者で解決できないとときに協議する場として位置づけている。職員の確保、窓口の設置を考えている。身近なところで相談ができることが大事。予算を確保していきたい。

6 この法案と地方で条例化しているものとの関係は。
 それぞれ地域にあった条例を制定していくことは大事である。よって地方を拘束するものではない。

 また、裁判所の質問を受けての回答に「聴覚障害者が当事者の場合、手話通訳や要約筆記で手続きをしていく。傍聴席も車いすが入れるよう固定のいすを外すなど配慮をしている」とあった後に、「その費用は誰がもつのか」との質問が出て「今後、検討する」との答弁がありました。
 まだ、答弁は不十分なものでしたが、高松裁判の影響があるなと感じたところでした。
 12時10分、差別解消法案の採決がされ、37人の全員が起立賛成をして可決されました。また、田中良生議員(自民党)ら6人による付帯決議案が提出されました。田中議員が決議案を全文読み上げました。これも全員起立賛成で可決されました。
 今後は、衆議院本会議を経て参議院の方に審議が移ることになります。今国会でも成立が可能となりました。
 歴史的な瞬間を障害者と共に立ち会えたことを記憶にとどめておきたいと思いました。

(一般社団法人全国手話通訳問題研究会 理事 渡辺正夫)

2013年度代議員会が終了しました

 5月25日(土)・26日(日)の2日間、チサンホテル新大阪にて、2013年度代議員会が開催されました。全国より集まった代議員さんの再会を喜ぶ姿が、会場のあちこちで見受けられました。

P5250026

 初日は、各地域で開催されたブロック別代議員会で論議された中から、特に議論が集中した①「手話通訳制度のあり方」、②「組織の発展・拡大のために」、③「研修センターを支える」を課題別討議の柱として、各支部からたくさんの意見や要望が出され、有意義な意見交流ができました。

▼「手話通訳制度のあり方」について資料説明をする近藤副会長P1010077


▼「全国手話研修センター」について説明をする渡辺副会長
P1010090



 交流会(代議員会第2部?)は、四国ブロックの理事が中心となり、小さく裂いた新聞紙を箸でつかむというゲームを、ブロック別対抗という内容で盛り上げてくれました。初めて参加した代議員も、この交流会で一気に気分がほぐれたようでした。


▼交流会の様子

P1010097

 2日目は、昨日の課題別討議で議論しきれなかったものについて意見交流しました。その後、議案書に記載されている内容に沿って討議を行いました。特に、東北の被災地への会費免除や活動支援についての意見や要望も多く出され、全通研の仲間としてのつながりを強く感じる場面もありました。

▼休憩後には、みんなでストレッチをしました
P1010109
P5250025


 各支部からさまざまな角度からの意見や要望を論議し、いよいよ採決に入りました。議
案書の修正案も含め、第1号議案、第2号議案、第3号議案とも賛成多数で可決しました。


▼「討議のまとめ」をする伊藤事務局長
P1010176

 

 最後に石川会長より、たくさんの意見や要望が出されたことに感謝し、この内容を全通研の今後の活動に反映させていく旨を伝え、2013年度代議員会は無事に終了することができました。

▼石川会長からのあいさつ

P5260098



 帰路につく代議員から、「会場は駅に近くて、ホテルと同一会場だったので良かった」という声も聞こえてきました。みなさん、大変お疲れ様でした。
(今回の代議員会の詳細については、会報をお楽しみに!)

(一般社団法人全国手話通訳問題研究会 理事 若杉義光)

2013年5月 1日 (水)

感謝状をいただいてきました

東日本大震災時の救援活動に対して、厚生労働省から全通研に対して感謝状を授与したいという連絡があり、本日(4/30)、その贈呈式に出席してきました。
会場は中央合同庁舎5号館2階「共用第6会議室」です。少し時間が早かったので、庁舎内のスターバックスでコーヒーとトーストを注文し、開始時間を待ちました。

贈呈式は午後1時30分から3つの時間帯に分かれて行われました。聴覚障害者関係は全日本ろうあ連盟、日本手話通訳士協会、全国聴覚障害者情報提供施設協議会等、午後2時30分からの式典に出席を希望する団体が多かったのですが、全通研は私の勤務の都合で午後3時30分からの贈呈式に参加させてもらいました。
午後3時30分からの贈呈式には全通研、日本盲人社会福祉施設協議会、日本盲導犬協会、日本義肢装具協会、日本福祉用具・生活支援用具協会の5団体の出席がありました。

君島自立支援振興室長のご挨拶から贈呈式は始まりました。君島室長は「当該地域の市町村の行政機能が崩壊した状況の中で皆さんのご支援には感謝いたします」という内容のお話をされました。
その後、各団体に対する感謝状贈呈の理由が団体ごとに述べられました。全通研は聴覚障害者救援対策本部に結集し、手話通訳者等の派遣等に関わる活動を行ってくれたという紹介です。
今回の感謝状贈呈の対象団体は約1,400団体です。その数に対して出席団体が少ないと思っていましたら、自立支援振興室関係では21団体ということです。今回の贈呈式には21団体の中で、18団体が出席しました。

今回、カメラも持たず、1人で出席したので贈呈式の写真は撮れませんでした。帰宅時、近くのコンビニでA3の感謝状をA4に縮尺してコピーしました。それをスキャンしたのがこれです。

Img

東日本大震災の復興はまだまだです。何をしなければならないのかという課題はたくさんあります。しかし、3.11以降の事務所の皆さんの努力、被災地支部の会員の皆さんの努力、全国の会員さんの努力、それはそれとして評価していただいても良いのではと思っています。
(全通研会長 石川芳郎)

滋賀支部の定期総会に参加しました

滋賀支部の定期総会が4月21日に開かれ、午後の学習会の講師として依頼があり、参加しました。

4月20日は全通研執行理事会が、嵯峨嵐山の全国手話研修センターで開かれましたので、会議終了後大津に向かいました。嵯峨嵐山駅からは400円の距離です。大津に泊まるのは2011年に滋賀県で開催された研究討論集会以来です。この集会のとき、既に市川前会長は病魔に犯され、闘病の日々でした。しかし、市川前会長は病院から出されていた高カロリーの缶詰をバックにつめ、参加されました。これが会員の皆さんの前に生身の姿を現した前会長の最後の場面でした。そのような想いを振り返りながら、大津のホテルに居りました。

21日、ホテルから駅に出て、浜大津駅近くのアスト大津まで歩いていきました。大津駅周辺の商店街はシャッターが閉まり、閑散とした感じでした。タラタラと20分ぐらい歩いて会場に到着しました。アスト大津の表示は「明日都(アスト)大津」です。会場は4階なのでエレベーターのボタン④を押して着いたと喜んでいたら、駐車場の4階でした。もう一回1階に戻り、別のエレベーターで無事に会場に到着しました。

会場では、午前中に行われていた定期総会も終わり、昼食時間です。いくつかのグループに分かれ、和気藹々と一番楽しい時間を過ごしておりました。また、全日本ろうあ連盟の石野理事長のお膝元です。ちょうど同じ建物でろうあ団体の会議もあり、休憩時間にわざわざ理事長が来てくれました。
“「全通研NOW!!」に載せるから写真を撮らせて”とお願いし、何枚かの写真を撮りました。

P1040878P1040879
P1040896_3

午後は私が講師です、山本支部長の紹介と「『全通研NOW!!』に載せるから写真を撮らせてもらいます、よろしいですね」の確認の後、私の担当の時間となりました。もう「全通研NOW!!」の原稿を書かざるを得なくなったという気持ちです。ですから、今、家に向かう「のぞみ」の中で、この原稿を書いています。今座っているのはE席です、新幹線は窓側の席には電源があります。最近の全通研任務での出張の帰りは、原稿作成を考え、E席予約を取るようにしています。そうすれば感動を忘れないうちに原稿が書けるからです。



講演では、約40年にわたる、全通研の歴史とそこに関わった私個人の体験を話させてもらいました。比較的会員歴の短い方もいて、全通研創立30周年記念誌『はばたこう未来へ』をご紹介したところ、休憩時間にたくさんの方が購入してくれました、ありがとうございます。

P1040889P1040892_2



滋賀支部は困難な社会情勢の中で、会員さんを増加させた支部です。昼休みの食事風景を見て、仲間の絆の中で、支部が大きくなっていくことを学ぶことができました。
学習会が終わり、大津駅まで会員さんに送ってもらいました。

P1040872
P1040874_2


大津祭りの山車を見ることもできました。珍しい三輪の山車です。会館の方に理由を聞くと、大津の町は道幅が狭く四輪の山車では曲がりきれない、三輪ならば前輪を持ち上げれば狭い道幅でも回転ができるから」と教えてくれました。
P1040899


また、大津の商店街は日曜日なのに店が閉まり、閑散としていました。この理由も会員さんが「県庁とともに生きている町なので、県庁が休みの時は商店も休みです」と説明してくれました。各地に行くことはいろいろなことを学ぶことができるチャンスです。

最後にこの原稿が遅れたのは、帰りの新幹線で飲みながら書いていて途中で寝てしまいました。滋賀支部の皆さん、アップが遅れて申し訳ございません。

(全通研会長 石川芳郎)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »