2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 栃木討論集会 | トップページ | 「高松市の手話通訳派遣拒否に係る裁判」提訴報告集会(高松会場) »

2012年2月27日 (月)

2/26 市川恵美子氏をしのぶ会

2012年2月26日(日)に催された「市川恵美子氏をしのぶ会」の第一部(午前10時~12時)に参加しました。

その様子をお伝えします。
会場は、アルカディア市ヶ谷(東京都千代田区)。

参加者数は、午前の部・午後の部をあわせて600名を超えました。

全国各地から大勢の皆さんが訪れ、市川さんをしのび、思い出を語りました。


▼受付の準備をする主催者、関係者のみなさん。

120226_01

▼9時半から受付が始まり、参加者の皆さんが集まってきました。

120226_02

▼会場へ入ると、市川さんの遺影が笑顔で迎えてくれました。

120226_03

▼10時、近藤幸一副会長の司会で始まりました。

120226_04

▼主催者挨拶をする石川芳郎会長。

もう一つの主催団体である東京聴覚障害者福祉事業協会の

南宮由和運営委員長からも挨拶がありました。続いて来賓の挨拶へ。

120226_05

▼石野富志三郎氏(全日本ろうあ連盟理事長)

120226_06

▼小椋英子氏(日本手話通訳士協会会長)

120226_07_2

▼黒﨑信幸氏(全国手話研修センター理事長)

120226_08_2



この後も、宮本一郎氏(東京手話通訳等派遣センター運営委員長)、

相川浩一氏(東京都手話通訳問題研究会運営委員長)と来賓の挨拶がありました。

▼ご遺族を代表して、ご主人の市川明臣氏が挨拶をされました。

ご家庭で妻として母として、職場や全通研の活動とは違う一面を伺うことができました。

120226_09

▼一人ひとりが思いを胸に献花をしました。

120226_10

▼たましろの郷職員の鈴ヶ嶺真弓さん、仲間の皆さんたちが

「作業所かたつむり」のころから関わってきたエピソードを。

120226_11

元聾学校の教師をしていた河村真理子さんは

「東京手まねを学ぶ会」の開催を呼びかけ、当時大学生だった市川さんが参加し、

金の卵から生まれたひよこが、大きく羽を広げて飛翔していったお話を。

田中のり子さんも「東京手まねを学ぶ会」の頃からの親交で、

市川さんの結婚式や新婚旅行での初々しいころや、

娘さんの七五三の写真撮影での思い出を紹介してくれました。

最後は、花田氏(たましろの郷施設長)が閉会の辞を述べ、

しのぶ会を終えました。

▼閉会の挨拶をする花田克彦氏(たましろの郷施設長)

120226_12

▼参加者に配られた式次第と市川さん紹介の冊子

120226_13

▼全国の支部や関係団体・個人からもたくさんの供花が届いていました。

120226_14_2

悔しさと悲しみのなかにも、笑いがこぼれる市川さんならではのお話が聞けました。

いっぱい泣いて、ちょっぴり笑って、

明日への一歩を踏み出せるとても良い「しのぶ会」でした。

ありがとうございました。

(報告者:一般社団法人全国手話通訳問題研究会理事  戎 協子)

« 栃木討論集会 | トップページ | 「高松市の手話通訳派遣拒否に係る裁判」提訴報告集会(高松会場) »