« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月 2日 (月)

山梨支部設立30周年記念学習会

4月30日(金)に山梨支部定期総会終了後の学習会(支部設立30周年記念事業)の講師(法人化記念事業)を担当した。
会場の講師控室(情報提供施設内)の壁を見ると伊東前全通研運営委員長の色紙がある。いつもながら心に残る歌。後で聞くと山梨支部に全通研の役員が来ることは滅多になく20周年のときに伊東氏が来た時の色紙だとか。

11043001

講演のテーマは「私たちにできる全通研活動とは」。参加者約30人を前に、東日本大震災で全通研が果たしている役割、設立以来法人になるまでの全通研がすぐれた組織だったこと、法人になり増した信用により他団体とのネットワーク作りや企画提案活動をさらに押し進めること、制度改革の提案は世界や日本の大きな動きにマッチしていること、活動のキーワードは「成長と仲間作り」であること等を話す。
講演90分+質疑応答30分の予定だったが講演が終わってみると質疑応答時間は10分しか残っていない。司会の「質問ありませんか?」との問いにだれも手を挙げない。このまま終わりかな? と思っていたら支部長の杉下さんが挙手。開口一番「伊藤さんは全通研が好きなんですね~」と言われてしまった。

講演会終了後に「甲府のまちをお見せしましょう」ということになり、武田信玄をまつる武田神社をご案内いただく。元は信玄の屋敷だったという広大な神社(森?)の敷地を散策。ふと見ると社殿の脇にこんなものが! 社長が甲府出身だったかららしいが戦国時代を生きた武田信玄はどう思っているのだろうか。
夜の30周年記念交流会にお誘いを受けて出席。エンターティナー精神にあふれた山梨支部の会員の芸に感心。どんな内容だったかというと…杉下支部長に口止めされたのでお伝えできないのが残念です (^_^;)   (IT)

11043002 

※4月30日(金・祝)に、全通研山梨支部で創立30周年記念学習会が開催され、講師として全通研から伊藤事務局長が派遣されました。

鳥取支部学習会

4月29日(金)、鳥取支部定期総会終了後の学習会の講師(法人化記念事業)を担当した。テーマは「私たちにできる全通研活動とは」。参加者約10人を前に、任意団体だった全通研がいい活動実績を残したこと、法人化後は増した信用により制度改革を提案すること、役所は適切な提案を待っていること、世界や日本の動きは制度改革を後押ししていること等を話す。また小規模支部の活動内容の話、という依頼があったので私の経験をもとに「ひとりのろう者を幸福にする活動」という内容の話をする。
90分の予定だったがいつものように時間超過で最後は早口と進歩がない。終了後の質疑応答では「若者に活動を広げる方法は?」「小規模支部であり役員がいろいろな役を掛け持ちしている。どうしたらいいか?」等の切実な質問が複数あった。「本部でも試行錯誤している。いい方法があれば報告を」「健康第一。全部やろうとせずに優先順位の高い活動を」等と希望していたであろうすっきりとした回答が言えず力不足を痛感。

 

鳥取に行く電車が満席で(連休の初日だった)やむなく一本早い電車を予約。すると2時間も早く着いてしまった。雨がぱらつく鳥取のまちを散策していると温泉(公衆浴場)を発見。ネットで調べると全国でもめずらしい繁華街の温泉だとか。「あったまろう!」と昔ながらの銭湯を体験することにした。雨の中を歩いて冷えた私の体を熱々の温泉は汗ばむほどにあたためてくれたのだった。(IT)

 

11042901

 

11042902

入浴後は、やはりこれでしょう!

 

※2011年4月29日(金・祝)、鳥取支部で学習会が開催され、講師として伊藤事務局長が派遣されました。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »